男の和装~着物で来て出かけよう~

着物紹介サイトでみる男の和装の姿で着物で来て出かけよう

着物ライフを楽しむ心得

男性でも普段の着物ライフを始められます。ハードルはそれほど高いものではなく、楽しむ心得をいくつか覚えておけば、すぐに始めることができます。洋服に比べて、価格が高く手入れも大変だというイメージがありますが、手軽に始められる価格の商品も多く、特に男性は女性よりもリーズナブルな価格のものでも、十分な品質なものがあり、むしろ、男性の方が普段の生活に取り入れやすいぐらいです。

着付けも基本的なものなら、すぐにマスターすることができます。女性がハレの日や花火大会やお祭りの時に張り切って来てきた時に、男性も着てくれば、好感度アップもまちがいなしです。そんなに硬苦しく考える必要もなく、着てみると意外に楽だということがわかります。作務衣の延長として普段着として始めてみるぐらいの感覚で、入門してみるとその着やすさや日本の風土との馴染みの良さに気づくことになります。洋服感覚の価格で購入できるものもあり、手入れや管理もそれほど難しくはありません、きちんと手入れをすれば、流行り廃りも少なく、長く着続けることができ、多少の体型の変化にも対応できるというメリットが有ります。

年齢を問わず楽しめる趣味としてもおすすめです。しかし、いきなり着物のある生活と言っても、すぐに始めるには心理的なハードルがある人も多いと思います。外出の時に着ていくのは、ちょっと恥ずかしいなどと感じてしまうなどということもあると思います。普段着ることがなければ、気恥ずかしさを感じることも不思議ではなく、しかし、慣れてくればなんでもない話でもあります。初心者のかたは、まず、部屋着としてはじめてみることをおすすめします。来てみればわかるのですが、部屋着として意外に高機能だということがわかります。

まず感じるのが、楽だということです。帯を巻いているだけですから、束縛されるところが少なく、帯も締め方次第で楽にくつろげます。夏の浴衣は日本の風土にあっていますし、冬は下着を温かいものにしたり、綿入れなどを着れば、楽で機能的なものだとわかります。慣れてくれば、近くのコンビニや散歩などに着ていけば、おしゃれでセンスのある日本男子の完成です。最初に実行しやすいものから入れば、あとは慣れの問題です。慣れてしまえば、プライベートならどこに来ていくのも、抵抗がなくなります。夏祭りや正月の三社参り等だけでなく、彼女とのデートを着物ですれば、おしゃれで上品なカップルの誕生です。

reccomend

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。

化学の着物
化学の着物
近年では化学繊維の技術が進み、着物の生地としてもそれらが多く用いられるようになり、ニューキモノなどとよばれています。

Copyright(C)2013 男の和装~着物で来て出かけよう~ All Rights Reserved.