男の和装~着物で来て出かけよう~

着物紹介サイトでみる男の和装の姿で着物で来て出かけよう

着物と浴衣の違い

着物と浴衣の違いはどこにあるのでしょうか、双方とも男性が着用するものについては形状や構造は同じです。また仕立て方についてもほとんど同じということができます。それではその違いはどこにあるのでしょうか。一般的には夏に着るものが浴衣でそれ以外は着物ということもできますし、中に別に何かを着ているものが着物というように定義することもできますが、なかなか素材や仕立てなどで判別するのは難しいということができます。男の和装などを専門に扱っているところによれば、着物は常に正装して公の場に登場することができる服装であり、浴衣は夏の夕涼みのときにカジュアルに着こなす服装ということができるようです。

最近の多様化した素材などから考えれば、確かに双方似たところもありますが、厳密な定義ということでいうとこうとられるのが一番正しいものと思われます。夏場は両方とも素材を含めて似たものになりがちですが、やはり着物で正装したときに浴衣と大きな違いが現れてくることになります。それはオフィシャルな印象という意味でも結構異なるものとなってくるのです。最近では公の場に着物を着てくる男性が少なくなっているためにイメージが沸かない方も多いと思いますが、こうした違いがあるのです。

それでは具体的に生活の中で着物や浴衣をどう取り込んでいくかということですが、どちらもプライベートでカジュアルに着こなしていくことは可能です。夏であれば素材的に浴衣がお勧めとなりますが、春から秋にかけてはもう少ししっかりとした着物を着つけてカジュアルな時間をすごすといったことも可能になるのです。着物を着ますと独特のプレゼンスが発揮されることになりますし、非日常的な時間を演出することができますので、興味のある方はぜひ着用してあらたなお洒落の楽しみとしていくことがお勧めとなります。着物については草履や帯、小物などの組み合わせにより、かなり印象が変わる部分も大きくなりますし、着こなし方自体でまたイメージを変えていくことが可能になります。さらに和装のコートなどを着用しますと、外出時の印象がまた大きく変化することになるのです。

こうした男の和装を楽しむというのは静かなブームになりつつあります。長く日本の伝統を受け継いできた服装であるだけに、うまく現代に採り入れて利用していくことができれば、これまでにないお洒落を演出していくおおきなきっかけにもなってくるものとなります。今後とも男性の和装から眼が離せない状況です。

reccomend

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。

化学の着物
化学の着物
近年では化学繊維の技術が進み、着物の生地としてもそれらが多く用いられるようになり、ニューキモノなどとよばれています。

Copyright(C)2013 男の和装~着物で来て出かけよう~ All Rights Reserved.