男の和装~着物で来て出かけよう~

着物紹介サイトでみる男の和装の姿で着物で来て出かけよう

羽織と和装コートの違い

普段和装を着用する人が少なくなった現代では、以前だったら態々勉強しなくても生活をしている中で自然に覚えていた事も、意識しておかないと知識がつかないと言う事が増えていきました。特に、男の和装は余り見かけなくなり知識を得る機会は減ってしまいます。これから和装を始めようと言う人の為に、冬に向けての男の和装の話題を取り上げていきたいと思います。暑い季節には必要ありませんが、冬になってくると和装の上にもコートが必要になります。では、羽織と和装コートの違いは一体どのような点なのでしょうか。

それぞれ、着物の上から着用すると言う事は共通していますが、それぞれ使用される目的が違います。羽織は、洋服で言うジャケットのような役割をしています。改まった場では羽織を着流しの上に着用しておくのが良いでしょう。また、肌寒い時も羽織を着用します。その為、着物を着用するにあたって、必ず着ていないと行けない言うものではありません。また、日常着の羽織と、改まった場に行く時の羽織は求められるデザインも違うので、状況に合わせて何種類か用意しておくと良いでしょう。羽織は改まった場に着ていくものなので、外出先でも脱ぐ必要はありません。

夏場で改まった席に出ると言う場合は、夏用の透け感のある記事で作られている夏羽織を使用すると良いでしょう。空調がきつい場合は、防寒になりますので着る季節は短いですが夏羽織を一枚持っておくと便利です。和装コートは、洋服で言うコートに当たります。代表的なものに、角袖コートや、インパネスコートがあります。それぞれ明治時代に西洋の洋服が入ってきた際に影響を受けて作られました。当時から、洋服と同じ生地で作られている事もありました。

気軽な外出の場合は、羽織を着用せず直接コートを着用する事もありますが、和装コートは羽織の上から着用するのが一般的です。和装コートは、特に何月から着用すると言う決まりはなく、寒くなってきたら着用します。和装コートを着るまで寒くはないと言う時は、羽織の上からストールやマフラーを使用すると良いでしょう。また、建物や訪問先に入る時には、和装コートは玄関先で脱ぐのがマナーです。解りやすく羽織と和装コートの違いを説明すると、羽織は室内で着ていられるもの、和装コートは建物の中に入る時には脱ぐものです。訪問先に行く際に、自分がどちらを着用しているのかしっかりと意識をしてマナーを守ってください。

reccomend

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。

化学の着物
化学の着物
近年では化学繊維の技術が進み、着物の生地としてもそれらが多く用いられるようになり、ニューキモノなどとよばれています。

Copyright(C)2013 男の和装~着物で来て出かけよう~ All Rights Reserved.