男の和装~着物で来て出かけよう~

着物紹介サイトでみる男の和装の姿で着物で来て出かけよう

角帯の位置

日本男児の服装と言ったら着物が一番ですが、そんな着物を着る機会は最近はめっきり減ってきましたが、未だに正月や成人式などの祝いの席では男の和装は盛んに行われているのが現状です。やはり日本に生まれたからには男の和装着物は、日本行事の正しい正装としても優れているのでオススメです。男性の着物の着付けで重要になってくるのは角帯の位置ですが、実際には正しい位置や角度などはあまりこだわらなくても問題は無いので、ご自身の好みにあわせて角帯の位置などを調整することをオススメします。

やはり着物などの日本の服装は、その着こなし方にも個人差が現れて、その着こなしそのものが個性となる為に、あまり肩肘を張らずに思い切ったコーディネートを楽しむのも、祝いの席を心行くまで満喫するためにも重要なポイントです。やはり正月や成人式などの、日本本来の伝統ある行事の場での祝いの席と言う物はマナーを守ることも大切ですが、それ以上にその場を盛り上げて楽しむという心がけが推奨される行事なので、それに付随する日本の和装着物のコーディネートも気楽に行うのが良いとされています。

実際に着付けのルールやしきたりにこだわりすぎるよりも、多少ルーズなほうが祝いの席の服装としてオススメです。男性の和装で重要なポイントは角帯の付け方だと言いますが、そのほかにも男性の和装において特にオススメの注目ポイントは、やはりその着物の柄や色などのバリエーションですが、実際に日本の和装の服装と言う物は特に男性の場合は地味な印象を与えやすいので、色や柄にこだわると言う心構えを持つことは、目立ちたがり屋の男性諸君にとってはぜひともオススメできる心掛けです。やはり祝いの席では女性よりも男性の方がその場の主導権を握り注目されたいと思うのが一般的ですが、そのような祝いの席で目立つためにも、角帯の位置を含めた着物全体のコーディネートに気をくばるのも良いでしょう。

最近ではインターネットで男性の和装の着こなしやコーディネートの方法が盛んに情報交換されていて、インターネットの検索エンジンなどで情報を検索すると様々な男性の和装着物に関する詳細な情報を習得ことが容易になったので、祝いの席で目立ちたいと思っている男性の方は積極的にインターネットの情報サイトなどで和装に関する情報や、角帯の位置などの着付けのマナーについての情報収集することをオススメします。これからのグローバル社会においては、国ごとの個性が重要になってくるので、日本の男性も和装をする機会が増えてくるので、角帯の位置についての知識を予め覚えておくのも良いでしょう。

reccomend

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。

化学の着物
化学の着物
近年では化学繊維の技術が進み、着物の生地としてもそれらが多く用いられるようになり、ニューキモノなどとよばれています。

Copyright(C)2013 男の和装~着物で来て出かけよう~ All Rights Reserved.