男の和装~着物で来て出かけよう~

着物紹介サイトでみる男の和装の姿で着物で来て出かけよう

万能着物 紬のススメ

女性が着る紬の着物というのは、万能着物ともいわれ男の和装としても同様に古来からよく普段着として着られているも衣装でもあります。その紬の素材というのは絹そのものなのですが、一般的な絹に比べると粗悪品と判定されていた絹を使って作られたのが紬で、江戸時代には、一般庶民が着ていた標準的な着物に使用されていたこともあり、その当時の身分で差別されなかった唯一の素材といってもいいものなのです。それでいて、その時代から受け継いできた技術というのは、庶民で発達したこともあって高い評価を現在いろいろなところで世界に対して認められているところでもあり、今では紬で訪問着ができるまでになっているのです。

その紬の着物というのは、パリッとしていて軽くとても着やすいものであり、着れば着るほどそのごわごわ感がなくなり、肌触りのすぐれたものになっていくので、これが紬のススメになる理由なのです。それゆえに、江戸時代から着られている紬というのは、万能着物といわれておりラフに着こなすことに一番あっているところもあって、初めて着物を着る人には紬というのはオススメできることでもあるのです。

特に男性には、ラフに着こなしていただき、男性らしさを直接出していただける成製品という事にもなるのです。そんなラフさが売りの男の和装の紬というのは、着こなしの点ではかなりの融通がきくところにあり、その着こなしという点のバラエティさにあります。これは、女性用の紬にもいえることであり、どうしても着物初心者というのは、着物を着たときにすぐに崩れてしまうところがあって、これが紬ですとそこそこラフになっても、その様が形になっているところでもあるから、なぜか認められるところにあるなのです。

着物初心者の方には大変オススメなのもであるために、男の和装の入門編は大変使いやすいものであることは間違いないのです。以上の点からいくと、この紬というのは、洋服でいくところの和服のカジュアルといっても過言ではないはずで、それぐらいラフに着ていても何の問題もないものでもあるということなのです。また、その絹の粗悪品を使って古来は使われたいた紬であるのですが、その性質上現在では、その色彩的なところもあって、高価になりつつあるようで、庶民の遊び感覚で着ていたものがこんな状況になっているのか、と考えると時代というのはいつも不思議なことばかりです。以上のことから、ちょっとこのごろお値段的に高くなってきた以外には、大変ラフに着こなせることから男装和装ということで、紬を使ったものを着てみるのも悪くないのかもというのは、紬のススメでもあるのです。

reccomend

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。

化学の着物
化学の着物
近年では化学繊維の技術が進み、着物の生地としてもそれらが多く用いられるようになり、ニューキモノなどとよばれています。

Copyright(C)2013 男の和装~着物で来て出かけよう~ All Rights Reserved.