男の和装~着物で来て出かけよう~

着物紹介サイトでみる男の和装の姿で着物で来て出かけよう

ツモリチサト・撫松庵などのデザイナーズブランドなら高く着物買取

おしゃれアイテムの1つとして、着物に関心を持つ人が、若い人を中心に増えています。 特別な時に限らず、お友達とカフェでお茶するときや演劇を鑑賞するときの日常の遊びの中で着る人が増えています。 着物を着ていると、周りから素敵だなと注目されますし、正装をしているのと同じことですから、良い気分を与えます。

そんな素敵な衣装である着物ですが、実は日本のタンスには8億枚の着物が眠っているといわれています。 着物は繊細な生地でできていますから、しまっておくだけでもシミなどの劣化が起こってしまいます。

劣化しますと、着物自体の価値も落ちてしまいます。 ただ眠らせて劣化させるだけでは、もったいないとしかいえません。 では、そんな着物をどうすれば活用できるのかといえば、着物買取をしてもらうのがいいでしょう。

着物は、新品で買うと値段がかなりしますので、中古着物を求める人は少なくありません。また、海外でも日本の鮮やかな着物は人気が高く、日本でも着物をリメイクしてパッチワークをしたりするなど、中古の着物の需要はとても高いのです。 では着物買取で高価格をつけてもらえるのはどんな場合でしょうか。

種類で見れば、礼装着や略礼装着の買取価格が最も高くなります。新品のものや、一式揃っているものが好まれます。 また、高く着物買取を期待できるのは、デザイナーズブランドのものです。

ツモリチサト・撫松庵のようなデザイナーズブランドのものですと、高く買取してもらえます。 ツモリチサトのデザイナーズブランドは、特に若い女性に人気を集めていて、ポップで女の子らしくファンタジックなデザインが特徴です。ポリエステル素材が多いので、普段着や遊び着にももってこいの着物です。 また、撫松庵が和柄を斬新な色遣いでモダンなのに上品な、芸能人にも人気のブランドです。

デザイナーズ着物も洋服ブランドと同じように、眠らせておくにはもったいない価値のあるものです。 着物買取に出す前に、少しでも状態をよく見せるように、シミなど汚れをチェックしてクリーニングに出したり綺麗にたたむようにしましょう。

服と同じように、着物も飽きがくることがあります。素敵なデザインでまだまだ着たいけど、年齢も重ねたしこの柄をこれからも着れるかなと迷ったときには、着物の行く末を考えるときかもしれません。 そんなときには、着物買取をしてもらい、リサイクルして着物を誰かに大事に着てもらうのもいいでしょう。

reccomend

木綿の着物
木綿の着物
木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。

浴衣
浴衣
浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。

化学の着物
化学の着物
近年では化学繊維の技術が進み、着物の生地としてもそれらが多く用いられるようになり、ニューキモノなどとよばれています。

Copyright(C)2013 男の和装~着物で来て出かけよう~ All Rights Reserved.